株初心者はまず銘柄を徹底的に調べよう


現代社会は正に車社会と言えます。
車無くして現代生活は維持できないと言えます。
自動車はいつでもどこへでも行けますので、これほど便利な乗り物はないと言えます。

自動車は人間だけでなく荷物も運ぶ事が出来ます。
コノの荷物を運ぶという事が現在の物流の原点となっているのです。
自動車が国内を網の目のように走り回ってくれているからこそ、私たちは欲しいものをいつでも手に入れる事が出来るのです。

このような便利な社会にしてくれた立役者は何と言っても自動車と言えます。
自動車こそ現代社会を支えてくれている重要な存在と言えます。
しかし自動車は便利な乗り物である一方、危険性が伴う乗り物でもあるのです。

自動車は大きくてスピードが速いので事故が発生する確率が非常に高い乗り物なのです。
ですからそのための備えが必要なのです。
それが自動車保険と言えます。

自動車保険には大きく分けて二つあります。
一つは自動車を運転している人ならば必ず加入が義務付けられている自賠責保険です。
この自賠出来保険は保険料が安くて良いのですが、その反面補償額が小さいのが難点です。

もう一つが加入が任意となっている民間の自動車保険です。
この保険は任意で加入すればいいのですが、ほとんどのドライバーが加入しています。
それは自賠責保険だけではいざという時に賄い切れない事があるからです。

民間の自動車保険は保険料は高いのですが補償額が大きいので大きな事故の時でも対応が出来るのです。


ページTOPへ